その他
ブログ内検索
11:55、ホテルにて
 ベルリン市内の観光に出発。単独行動。

12:20、Sバーン車内
 アレクサンダー・プラッツ駅で整髪料を購入(2.99E)。カレーヴルストを食べて1.8E。思ったより安いな。食べる前にデジカメで写真を撮っていたら、隣の席にいた老人男性に「ヤーパンの友達にモバイルでエスエヌエスしちゃうんでしょ?」とかなんとか笑いながら言われた。放っとけ。俺は「まあね」程度に答えておいた。しかしハイカラなおじいちゃんだな。さすがベルリン。


 昨日は15時過ぎにベルリンに到着。中央駅でさっそくどのSバーンに乗ればいいのか迷う。だって3年前にはこんな駅なかったからな!

 裸足の女性を二人見かける。そういう健康法が流行っているんだろうか。

 ようやくホテルの最寄駅に着き、ホテルがあるはずの場所に入り込んでみたが、扉が開かない。何かと思ったら、レセプション(受付)が移転していた。さらに、チェックインしてから部屋に到着するのにも迷った。まさかエレベーターの階指定に部屋の鍵を必要とするとは。でもまあセキュリティの面ではそのくらい必要か。

 壁博物館、テロのトポグラフィ、州議会、ブランデンブルク門、フンボルト大学。たくさん歩いた。
 それからさらに、ミロという料理店に行くため、U2線最寄駅から二つ先に。ソードさんに先導してもらったが、駅から二、三十分歩いた。大変だった。帰りはトラムを使ったのですごく楽だった。

 写真はベルリンのユダヤ人慰霊碑。

 ミロの料理は美味しかった。特に美味しかったのはスープ二種類。最後にサービスとしてすごくきつい食後酒が出た。俺の分をソードさんが飲んでくれた。そして大変酔っていた。お勘定が49Eで、みんなが「安い」と驚いた。チップ込みで55E支払う。

12:40、Berlin Charlottenburg(ベルリン・シャルロッテンブルク)駅にて
 ツォー駅で降りるつもりだったが、日記を書いていてうっかり乗り過ごしてしまった。
 30日深夜から持ち越している体調不良は昨日でほぼ治ったものの、今朝も少しだけ頭痛がしたので、朝11時まで寝た。7時にカロリーメイトで朝食。
 昨日はとにかくたくさん歩いた。俺が先導してたので、迷ったりして他の皆にも歩かせてしまったのは申し訳なかったな。

21:30
 ベトナム料理店、Good Morning Viet Nam(グッド・モーニング・ベト・ナム)にて夕食。ビール、ジントニック、グアバジュース、ゴイ・クオン、バ・ジャオ・トイ、ヴィト・チエン、ダウ・フ・ジャオ・カリョ、ブン・チャ・ネム。……メニューの名前を写してみたが、さっぱり分からない。全体的にパクチーが入っていて、ソードさんが嫌な顔をしていた。
 19時の集合にソードさんが2時間の遅刻。
 Kirsch(キルシュ)ジュース。
「KiBa」=Kirsch & Bananaのジュース。T村が頼んでみた。キルシュの酸味をバナナが打ち消して、さっぱり・まろやかな不思議な味だった。
 CIRCUSの近くの店。2車線道路の向こう側でジャズ・コンボ(baとgtのコンビ)が演奏を始めて、期せずして生演奏つきの夕食。さらにテレビ塔のある方向で花火も上がった。すぐ終わってしまったけれど。
 Nさんが、新鮮な蟹を刺身で食うと美味いという話をしてくれた。

25:00
 夕食後、ロックバーLast Cathedral(ラスト・キャシードラル)で一杯。店内にはメタルが流れていた。モダン寄りのメロデスやMinistryなどが主。Die Apokalyptischen Reiterを流してもらった。大いに頭を振った。変な名前のカクテルや黒ビールを注文。DJのお姉さんの話によると、彼女がこの店にいるのは火曜日(今日)だけ。普段メタルは流れていないらしい。

26:00、ホテルにて
 シャワーを浴びて寝る支度も整った。先ほどから雨が降り出した。外出中に降られなくて良かった。いいタイミングだ。雨は無色透明で、赤くない。
 ソードさんは、今日、シティバンクのキャッシュカードを失くしたそうだ。そのカードを止めて、さらにその後道に迷い、2時間の遅刻と相成った次第。こちらからも公衆電話から携帯電話にかけてみたり、インターネット(20分__ユーロ)からホットメールを出してみたり、色々やったけどコンタクトが取れず、心配していたのだが、何事もなく済んで良かった良かった。

 今日の俺の個人行動は、まずツォー駅前の郵便局でゾーリンゲンと日本へ郵便物を投函。銀行で110Eおろし、買い物へ。3年前にも来たDeichmann(ダイヒマン)にて靴を2足購入(計35E)。スニーカーとブーツ。一度宿に戻って荷物を置くついでに一時間ほど昼寝。和服に着替えて博物館の島へ。旧博物館にて、ギリシャやエジプトの作品を眺める。ギリシャ時代の青銅の兜が良かった。鼻ガードのあるところが良い。エジプトの初期の作品は、ギリシャやメソポタミアに比べて明るい印象。あのパッチリした目の描き方がポイントか。それと、群集を描いた彫刻のうち、二人が手をつないだ部分だけが出土したものに感銘を受けた。

 ベルリン大学やナショナルギャラリーを見ながらHackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)駅に戻り、フリードリヒ駅へ行ってスーパーで買い物。水を仕入れる。普通のVolvicと、Gruen Tea mix OrangeのVolvic。それから宿へ。戻ってみると、一階のオープンカフェでTがビールを飲んでいた。お三方は自転車でベルリンを観光したらしい。序盤以降は別行動で。それぞれジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)に行ったらしいが、実際に上ったのはNさんだけだったということだ。初日のペーター教会で高いところが苦手と判明したNさんが……。

 俺が食べたカリーブルストはカリーソースがかかっていたけど、ソードさんが食べたのはカレーの粉がかかってただけだったとか。ひどいねそれは。まあ何にせよ、焼きソーセージにカレーがかかってるだけ、という代物なので、名物といっても大したものではないだろう。

 一度目の帰還時に、コーラと一緒にGazi Ayran Tuekisches National Getraenkという飲み物を買った。原材料の英語表示を見ると、ヨーグルト、水、塩などとあるので、ヨーグルトドリンクの一種であることは確実だ。甘いのかどうかはよく分からない。明朝にでも飲むぜ。
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.ironthumb.com/road/tb.php/5
トラックバック

(C) & (P) 2003 - 2009 ITABASHI Minoru All Rights Reserved.