■   暦   ■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<< 2021 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

 BLASDEADのレコーディング風景。6月16日。





 8月26日発売の震災チャリティ・コンピレーションMETAL Bless JAPAN "RISING SUN"収録予定の「Monster in the Night」の収録風景。この曲、「BLASDEAD featuring Minoru Itabashi」という名義で、俺がベースを弾いてます。みなさんチャリティ購入よろしく。
 ギター録音最終日にY氏が指を怪我して登場したなんてことはとてもとても秘密だ。
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |
Q. リハーサルスタジオで録音作業中、オーディオインターフェースとスタジオのミキサーを接続するシールドが一本しかないとき、全部の音をモニタリングするにはどうすればいいの?

A. Cubase内のステレオフェーダーにVSTプラグイン「StereoEnhancer」を使用。「mono」の項目をチェックすれば、出る音が強制的にモノラルになる。

 借りてきたバンド音源のMDが、なぜか左のチャンネルにしか音が入っていなかったときなんかにも使えるぞ(笑)! その場合は、「MonoToStereo」でも解決するけど……。
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |
 久しぶりに、霞鳥幻樂団のMyspaceを更新した。音源だけは四月にもう出来てたのにな! 怠惰にもほどがある。
 ともかく、ライブではおなじみだけど去年のCD「衒学綺譚」には収録されていない新曲「悩みの種」がMyspaceで聴けます。どうぞよろしく。

 しかし、Myspaceの重さ・遅さ・使いづらさには毎度苦しめられる。よくこんなもん、アメリカ人は平気で使っていられるな! Facebookもそうだった。Friendsterもそうだった記憶がある。海外のSNSは、なんで一々そんなに重いのよ!


 話はずれるが、マイクロソフトにせよミクシィにせよmyspaceにせよ日本政府にせよ、巨大なシステムはすべてブラックボックス。信用ならない。たぶん、中で働いてる人も全貌を把握していないだろう。つまり全体像をデザインする人は細部を知らず、細部を動かしている人たちは全体像を知らず、という。
 そんな謎のシステムに身を任せるのは怖いが、使わざるを得ない。これに素直に埋没できる人間には、疑問のない心安らかな暮らしが待っているのだろう。でも俺には無理だなー。
 いや、政府以外はなくても別に死なないけどさ(笑)。
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |
 ふとした拍子で、「マイム・マイム」についてウィキペディアで調べた。

 一般に、この曲の主題は「砂漠で水を見つけた喜び」だと信じられているけど、もっと突っ込むと、「あなたがたは喜びをもって、救いの井戸から水をくむ」、つまり、神とであった喜びを、水を見つけた喜びに例えた歌詞なのだそうな。おお、深いな。井戸より深いな。



 あとさ、日本には「マイム・マイム」と音の響きが似ている「まいまいず井戸」というものがあるから、ひょっとして日本人の祖先ってユダヤ人なんじゃね!?
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |
【2010年06月26日】(今夜、四谷の地下室で)
 四谷アウトブレイクのブッキング担当、佐藤学(boone)氏のブログ。いつもチェックしているのだが、ちょっと前に流したustream(ウェブ放送)の内容で議論が続いているらしい。興味深い話だったので、ちょっと俺も意見を書いておく。上のリンクは、下記リンクの人から寄せられた意見に対するboone氏の返答。先に下を読んでもらった方がいいのかな。順序が前後してしまって申し訳ない。


 こちらが元のお話。

【お金(ノルマ)の話.exblog-->】(ドラム教室なんてやってません)


 こちらは、ustream放映にも関わっていたらしい方のブログ。

【生放送終了。】(ちんぱんの歪んだ視界)

 俺は状況も人間関係も全く分かっていないのだけど、面白い日記だったので、なんとなくリンク。



 さて、話題は「チケットノルマ」という言葉、ライブハウスとレンタルホールの違いについて。
 なお、俺は肝心のustreamを見ていなかったので、どういう議論が前提にあるのかよく分かっていないので、見当違いのことを書いていたらごめんなさい。

 まず前者、「チケットノルマ」は、商売でやっているライブハウスが利用者から徴収するお金を指すのに使う雅語的表現かと思ってた。高圧的で偉そうかなぁ、そうかなぁ。まあ、ビジネスライクに「利用料」とか「出演費」とか言い切っちゃった方がいいとも思えるけど……別に「ノルマ」だろうが「出演費」だろうが「租庸調」だろうが(笑)、実績のないバンドが会場側に使用料金を払うのは当然だと思ってた。

 なお、「会場側がバンドを応援するために、無料で出演させるケースもある」と聞いたことがあるけど、身内にそんな境遇のバンドは全くいない。恐らく都市伝説の一種であろう。



 後者、ライブハウスとレンタルホール。いいんじゃないの、レンタルホールで。俺は今まで十五年ちょいバンドマンやってきて、ライブハウス側が組んだ企画で「企画らしい企画」といったものに出演したことはない。バンド側が企画を持ち込んで盛り上げるところには、しばしば遭遇したけれど。
 一回のライブで各バンド三万円とか四万円とか、高い料金を取られるのだから、知らないバンドと当日いきなり出会って盛り上がらないライブを繰り広げるより、こちらから企画を持ち込んで気心の知れたバンドたちと楽しいライブをする方が、よっぽど生きたお金の使い方だって気がするな。

 だから別に俺は「ライブハウス」だろうが「レンタルホール」だろうがどっちでもいい。そこに定義はないだろうし、使ってる俺も区別はしてない。
 上にも書いたとおり、肝心のustream放送を未視聴なので、見当違いな意見を書いているようだったらご容赦下さい。


 といったところで今のところの結論。ノルマだろうがレンタルホールだろうが、俺がやることに変わりは生じないんだから、どっちでもよい。いやー、会場やお金のこと以外に解決すべきことが多すぎて(笑)。



 なお、今まで複数回出演したり鑑賞したりしたライブハウスは、四谷アウトブレイク・吉祥寺Cレッシェンド・目黒ライブステーション・高円寺20000V・渋谷乙・本八幡ルート14、新宿ウルガなど。

 この中ではやはり、四谷アウトブレイクが飛びぬけて意欲的だと感じてる。その夜を盛り上げようとする熱意がスタッフから感じられるんだよなあ。
 他のライブハウスでは、こんなに親身になってくれないと感じてる。まあ、商売でやっていることなので、見ず知らずのバンドのためにそこまで親身になれやしないだろうということも、理解できるけど。
 ロケーションと楽屋の広さ、使用料金の妥当さに加え、このスタッフの温かさがあるんだから、このクラスのライブハウスとして、四谷アウトブレイクは最強だと思う。唯一の弱点は、看板が見つけづらくて、初めての人だとちょっと道に迷いやすいところかな(笑)。

 逆に吉祥寺の某は、事務室でふんぞり返ってるスタッフがライブ後の清算でテキトーにバンドを説教するっつうハコという印象。学生サークルのライブで使った際には、明らかに学生サークルのライブだからって手を抜いてやがったしよー。……ああ、最後はグチになってしまった(笑)。

 グチといえば、沼袋のSンクチュアリはスタッフ対応もPAの腕前も最低だったが、今は多少マシになっているんだろうか。


 前フリに関わらず、このテーマでは書きたいこと・書くべきことはまだまだあるので、気が向いたら続きを書こうかな。
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |
「淡谷のり子の歌うブルースは、音楽的には全くブルースじゃないのにブルースっていうのはどうして?」
「黒人とセックスしながら作曲したんだって」

 納得! ファンキー!!
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>