■   暦   ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 2019 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

 コミックビーム鮪オーケストラが戻ってきて三回目。今月のも、いい感じに狂ってて素敵だった。

 鮪オーケストラのまんがは、とにかくボケてボケてボケ倒して、誰も突っ込みを入れないところがいい。


「各地を転々としながら漬物作りを生業とし」




「私も75歳にしては若ぶりだが」



 誰か突っ込めよ! ほんとうにもう!(笑)


「トニーの背骨はよく曲がる」では、刑事が突っ込みや分かりやすいギャグを担当してて、主人公のトニーたちに「分かりやすくていいじゃないか」なんて言われていたけど(笑)。


 でもまあ、基本的にはずっとこんな形。




| まんが | comments (0) | trackback (0) |
 昔から各種のパチンコ・パチスロまんがが好きなんだけど、実際の店舗にお金を落としたことは一度もない。だから遊戯の細かいルールも把握していない。だけど不思議と楽しく読めるのがパチンコ・パチスロまんがの良いところ。

 そんなある日、パチスロの「パチ」はどのくらい実際の遊戯に反映されてるのか気になった。「スロット」の部分はよく分かるんだが。パチンコの要素なんて含まれてるのか? あれ。リールの回転を止めるタイミングが自分で決められるのは、元のスロットマシーンにはない機能か?

 で、調べようと思い、ニコニコ動画を検索して去年発見したのがこの動画。

【パチスロ初心者用のカオスな漫画があったのでうpしてみる。【第一話】】

 面白えええ! 大笑いしながら一気に全部見てしまった。動画なので自分でめくれないのがもどかしかった。ホッコリ。

 いまんとこ、単行本は「プロレスメン」だけみたい。
 だけど、これだけ面白いまんがを描く人なんだから、もうすぐ、多分あと一・二年もしたら一気に火がつくんじゃないかな。SABEだって平野耕太だって出始めの頃はこんな感じだったし……そうそう、ラズウェル細木だってちょっと前からモーニングで連載なんか持っちゃって。大出世だ。いや、漫画ゴラクがダメだってんじゃないけどさ。
 なお、噂では、A高校からK大という華々しい学歴の持ち主(笑)。
| まんが | comments (0) | trackback (0) |
 さっき柚木N'の記事でアナルだ肛門だと連呼して思い出したが、華倫変(かりんぺん)というまんが家がいた。2003年に28歳の若さで亡くなってしまった。
 その人が昔ヤングマガジンで描いたまんがで、アナルをいじったら電流が走ってスティーヴがすっぱい顔してアナルマジックと言った、というものがあって、ずっと気になっていたのだが、それを華倫変好きの後輩に話したら、収録されてる単行本を貸してくれた。「カリクラ―華倫変倶楽部」

 その際にブログ用に撮影した写真が不意にハードディスクから出てきたので、せっかくだから貼っておく。上下巻なんだが、スティーヴが登場する短編は、上巻だったか下巻だったか忘れた。借りたのがもう二年ぐらい前の話だもんで……。





 そうそうこれこれ! これだよ! この顔! 懐かしい~。


《続きを読む》
| まんが | comments (0) | trackback (0) |
 梶原一騎・川崎のぼるの「巨人の星」を二十年ぶりに再読。



 初めて触れたときには小学生だったので、この場面の意味がよく分からなかった。大学生の頃、ふざけて「青春なんかいらん、終われ!」って言ってたけど、そういう場面だったんだなあ。

 登場人物の中では、左門豊作とオズマが好き。特に、オズマはアニメ版の方で壮絶な最期が描かれる。ストーリーの都合で遂げた死が強引過ぎるきらいはある(笑)。左門さんはいい男なのに見せ場が少なすぎるのが不満。

参考:アームストロング・オズマ(ウィキペディア)
| まんが | comments (0) | trackback (0) |
 月刊チャンピオン2011年4月号。

 今月は、平沢健司の「アンダーライフ」が面白かった。


《続きを読む》
| まんが::月刊チャンピオン | comments (0) | trackback (0) |
 老 人 福 祉!
えの素より)

 このあと、オナラが出ます。ブーッて。ブーッて出ます。
| まんが | comments (0) | trackback (0) |

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>