■   暦   ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 2019 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

「マジシャンロード」のクリア動画。当時、ゲーセンの実機でプレイしている人を、ほとんど見たことなかったゲーム。変身ってもっとたくさんあるかと思ってたけど、たった六種類だったのか。
 改めて眺めると、かなり大味なアクションゲーム。人気がなかったのもうなずける。ネオジオのマシンスペックだけで魅せてたようなもんかしら。

 その勢いで十数年ぶりに「ニンジャコンバット」の画面を見たのだが、相変わらずのバカゲーだった。作りはちょっと手抜きが過ぎるんじゃないかと思った。それも含めて好きなんだけど、でも、自分でプレイしようとは思わない(笑)。大味過ぎる。
 タイトル画面の「ニンジャ・コンバット!」という声は、もっとタメとアクセントの効いた発音だったと記憶していたけど、改めて聞いたらすごくあっさりしていたので、驚いた。記憶の中でどういう補正をかけてたんだ、俺は……。東映スパイダーマン主題歌の「チェンジ・レオパルドン」あたりと混同したか。

「エドワードランディ」前半後半)。ゲーセンで見たことのないゲームだったんだけど、一目で気に入った。お約束てんこ盛りのお話、映画趣味全開の演出、どちらも素晴らしい。このゲームを一言で表せば「インディ・ジョーンズへのオマージュ」
 こういうド派手な演出のあるアクションゲームが好きだ。しかし製作はデータイーストなので、自分でプレイしたいとは思わない(笑)。

 それから「ロックマン2」のTAS、ただし壁抜けなどのバグ技なし。全般にTAS動画は好きなんだけど、「ロックマン2」のTAS職人たちは例外なく壁抜けのバグ技をするのが不満だった。これぞまさに俺の待っていた動画。
| ゲーム | comments (0) | trackback (0) |








http://www.ironthumb.com/sch/tb.php/1730

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>