■   暦   ■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<< 2019 December >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

 一月四日。帰省を終えて高田馬場に帰ってきた俺は、やすべえに向かった。が、五日からの営業だったので、食べ損なった。うろうろしているうちに、早稲田通りと明治通りの交差点近くにできた「朝日」にたどり着いたので、せっかくだからと入ってみた。

 いつ前を通っても客が三人以上入っているのを見たことがないのだが、この時も俺以外の客はいなかった。

 320円で並、420円で中盛り。
 俺の記憶が確かなら、並が150gで、ここから100円刻みで150gずつ上がっていく仕様だったと思うが、定かではない。そして「売り切れの恐れがあるため、本日は大盛り・特盛りの販売を中止します」との貼り紙。
 強気なのか弱気なのかよく分からない。


 これがつけ麺中盛り。



 正直に感想を書くと、「これで420円なら、はなまるうどんに行って大盛り315円を食べるなあ」といったところ。あるいは100円ショップでゆでうどんか蕎麦を買って、家でゆがいて醤油をかけて食べるとか。




 さらに正直な感想になるが、麺もつゆも特に深みのない味だった……。温かみや香りは写真では伝わらないものだが、今回に限っては、特に伝えるべきものもなかった。恐ろしい。

 ほぼ同じ立地にあったスガキヤが撤退したことを知らないんだろうか。同じ価格帯ながら、スガキヤの方が味は断然上だったわけで……。
「朝日」は、高田馬場にかつて存在した「ぶろんそん」や「ばんがい」と同じ匂いがする。それらの店と同様、早晩消滅するであろう。

 店の前の歩道を通っても、どういうつけ麺を売っている店なのかさっぱり分からない。値段も分からない。ガラス戸越しに見える店内には、「人件費を削減して低価格を実現しているため、食べ終えたら机を台拭きで拭くのにご協力ください」との貼り紙。知るかよ! そんなことよりメニューを貼ったらどうなんだ。
| 食事 | comments (0) | trackback (0) |








http://www.ironthumb.com/sch/tb.php/1818

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>