■   暦   ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 2019 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

 映画「酔拳」を観た。監督はユエン・ウーピン、主演はジャッキー・チェン。邦題は「ドランクモンキー 酔拳」。

 いやー面白かった。中国人のカンフーアクションを満喫した。一時間半くらいだったかな、拳法しっぱなしだよあいつら。元気だなー。色恋沙汰も余計な横道もなく、ひたすら拳法・拳法・拳法だったので、楽しかった。

 ジャッキーの演じる若旦那がお調子者キャラだったので、そこは相変わらず抵抗を感じたのだけど、1978年公開のこの映画の時点で既にそうだったんだなーと思うと感慨深くもある。順番が逆だけど、「ポリス・ストーリー」あたりからジャッキー映画に入ったのだから仕方ない。
 ウィキペディアによると、「酔拳」のひとつ前、「蛇拳」の頃からジャッキーの映画は「明るい娯楽映画」を目指していたらしい。自分のセールスポイントを的確に見抜き、主演映画にしっかり反映させるとは、さすがジャッキー・チェン、二十台半ばからしっかり自己プロデュースもできていたようで、見事としか言いようがない。

 なお、序盤から中盤にかけては、酔拳は出てこない。中盤も過ぎようという頃、ようやく蘇老師から伝授され、修行の成果が花開く。これで観客は一挙にカタルシスを得……るんだろうか? 俺は、カンフーアクションが見られれば満足だったし、何より「どうせ最後にジャッキーが勝つんだろ?」という気持ちがあったから、脚本上の最大の興味は、父親や師匠が敵に殺されるんじゃないかって心配する程度だった。
 言い換えれば、一本調子だったってことかな。
 まあ、それでもカンフー映画としてとても楽しめる一本だったので、全然文句ないです、はい。
| 映画 | comments (0) | trackback (0) |








http://www.ironthumb.com/sch/tb.php/1880

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>