■   暦   ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 2019 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

 昨日の記事で一番気に入っている箇所は、短歌の話だからって記事カテゴリが「音楽」になっているところ。


 さて、突然だけど、絵入りで解説、Cubase FXでVSTi(ソフトシンセ)を鳴らす方法。
 そもそもは内輪向けの用途だったけど、きっと他の人の役に立たんでもないだろうから、一応ブログ記事にしておく。FXはヴァージョンでいうと2なんだけど、VSTの立ち上げ方は5も同じだし。


 

■インストール



■VSTインストゥルメントの準備
 ProgramFilesフォルダに「VstPlugin」フォルダを作成、ここに各種VSTiのファイルを投入。
(ここがデフォルト……のはず。アプリケーション起動後、メニューのDevice>Plug-in Informationからでも変更可能)





■プロジェクト用フォルダ作成
 どこでもよいので、空白フォルダを作成。名前も適当に決める。





■起動
 ここでようやくアプリケーションを起動。



■新規プロジェクト作成
 Ctrl + Nで新規プロジェクト作成。プリセットがいくつかあるが、まずは「Empty」を選択。
 プロジェクトの使用するフォルダ指定を要求されるので、さきほど作成したフォルダを指定。





■MIDIトラック作成
 プロジェクトウィンド(メイン画面)を右クリックのメニューから「Add MIDI Track」を選択。





■VSTiの起動
 F11を押して「VST Instruments」を表示。
 数字の右の黒い部分をクリックし、どのVSTを起動するか選択。
(画像は既に起動済みの画面。「DSK AkoustiK KeyZ」が表示されているところをクリック)





■MIDIトラックをVSTiに接続
1. MIDIトラックを選択し
2. 左のMIDI outから先ほど起動したシンセを選択





■MIDIイベント作成
 トラックレーンで右クリック、「Draw」ツールを選択(上の画像を参照)。
 ドラッグで、好きなトラックに空白のMIDIイベントを作成



 余談だが、個人的にはここが一番分かりにくかった。最初はMIDIトラックを何度もダブルクリックして「反応ねえな」って言って首を傾げてた。


■MIDI入力
「Object Selection」(選択ツール)に持ち替えて、イベントをダブルクリック。
 MIDI編集ウィンドが立ち上がるのでMIDIを入力。描画ツール等のツールは右クリック、またはウィンド上部のメニューから選択可能。



 他にもMIDIメニューからスコア入力が選択可能。ドラム専用の入力画面もあり。



■テンポ
 テンポはCtrl + Tでテンポトラックを表示して変更。



■確認
 再生して、音が鳴るかどうか確認。



 これで一通りのはず。音が鳴らない場合、環境設定のエラーの可能性が高いので、DeviceメニューからDevice Setup>VST Mutitrackを確認。複数の機材をパソコンに接続している場合、ここで切り替える。
 ASIOという技術が深く関係しているらしいけど、正確なところは俺も分かっていない(笑)。
 とりあえず手持ちのmp3やwavファイルをトラックに放り込んで、正常に鳴るかどうか確かめる手もある。波形とMIDIの問題切り分けに。



■よく使うショートカット
F2:ロケーター
F3:ミキサー
F4:VST Connections
F11:VSTインストゥルメント
シフト+ホイール:画面の左右スクロール
| 音楽 | comments (0) | trackback (0) |








http://www.ironthumb.com/sch/tb.php/2221

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>