■   暦   ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 2019 October >>
■ 最近の記事 ■
■トラツクバツク■
■ 分 野 別 ■
■ アアカイヴ ■
■  その他  ■
 自己紹介・告知 : イタバシミノル
 th
 RSSフィード : RSS 1.0
 Script by BLOGN(ぶろぐん)
 管理者専用 : **

MYSPACE OF ITABASHI

■ 作曲/録音作品 ■
■  座右の書  ■
■  検 索  ■

■ ブツクマアク ■
なんでも作るよ。
情報中毒者、あるいは...
酔拳の王 だんげの方
マンガLOG収蔵庫
コアニュース
無風 [Deadcalm_alternative]
エロアニメ&エロマンガ保管

「さて、その答えとは?」
「服を着ていなかった」

 質問の部分が思いつかなかったのでここに置いときます。誰か使ってください。



 さて、映画「RED」を観た。噂に違わぬバカ映画だった。
 REDとは"Retired Extremely Dangerous"の略。国家(アメリカ)にREDと分類された危険な老人たちが主人公。




 








 アクション映画として存分に楽しめた。

 ブルース・ウィリス(55歳)、モーガン・フリーマン(63歳)は通常営業。こういうアクション映画で見るといつも楽しそうだ。ジョン・マルコヴィッチは……もう完全に通常営業(笑)。たまらん。





 手榴弾をボールに、ライフルをバットに見立てて打ち返すところなんかほんとにバカ映画。たまらん。





 ロシアのスパイも良かった。全くロシアのスパイっぽくないところが良かった。人情と愛情で動いてるとはいえ、アメリカの味方にしか見えねー。





 若いやり手のCIA工作員も良かった。がんばってるけどブルース・ウィリスご一行様にはかなわない。最後はアレがコレしてソレするところも、お約束ながらスッとする。
 CIAの秘密地下室の資料係としてアーネスト・ボーグナインが配されてるのも非常に非常にグッド。





 ヒロインはバカっぽいところが良かった。バカっぽいというか、バカだった。でも、一般市民がアクション映画の世界に巻き込まれたら、このぐらいの反応が当然なのかもしれない。これで中途半端に頭が回ったり、銃を撃ってアクションに加わったりしようもんなら興ざめだったけど、そんなことはなかった。
| 映画 | comments (0) | trackback (0) |








http://www.ironthumb.com/sch/tb.php/2602

<< NEXT  PAGETOP  BACK >>